シマフクロウのアウトドア日記

登山、ランニング、カヤック、スノボなど大好きな趣味の日記を綴ります

【レビュー】軽くて速い!ホカオネ新モデルリンコン唯一の弱点とは?!

 

f:id:no-self-enlightenment:20190816103942j:plain

HOKA ONE ONE RINCON

8月1日に発売されたホカオネオネの新モデル「リンコン」。発売してすぐ試着をしてきたのですが、履き心地がまさに今自分の求めていた「優しくて軽い」だったので速攻で購入しました。

 

 

 

 

決め手はなんと言っても厚底とは思えない軽さ

実際に重さを計ってみましたが、もうね、この軽さは驚愕ですよホントに。

HOKA ONE ONE RINCON 重さ

26cmで驚異の軽さ196g!

な、なんと実測値で200g切り!いわゆる厚底とは思えない驚異的な軽さです。

 

ズームフライフライニット重さ

ズームフライフライニット232g(26.5cm実測値)

ズームフライフライニットは232gでリンコン圧勝!

oncloudX重さ

onの最軽量モデルcloudXは210g(26cm実測値)

オンの最軽量モデルクラウドXにも14gの差をつけて見事に勝利。リンコンの驚異の軽さをまざまざと見せつけられる結果となりました。

 

 

 

足に優しいふわふわなクッション性は健在

ここまで軽いとクッション性が心配になる人もいると思います。実際ワタシも試着するまでそこが心配でした。しかし、全くそんな心配は御無用。ホカオネオネの売りとも言えるふわふわ感を充分感じられる優しいクッション性で、逆にサブ3ランナーとかにはちょっと沈みすぎと言われてしまうタイプです。

 

4:30/kmまでなら快適ジョグ

実際にロング走をしてみると、4:30/kmくらいまでなら沈み込みも特に気にならず快適にジョグできました。優しいクッション性が着地の衝撃を吸収してくれるおかげでロング走をしても足首や股関節などにダメージは感じられませんでした。

 

唯一の弱点は幅が狭いこと

ランニングシューズとして完璧とも言えるスペックのリンコンですが、唯一の弱点は幅が狭いことではないでしょうか。幸いワタシは足の幅が狭いのでリンコンがぴったり合うのですが、いわゆる日本人的な足の方はかなり窮屈に感じると思われます。総合的に見てリンコンはとても良いシューズなのは間違いないですが、足にフィットしないとそのスペックも活かすことができないですから、気になる方は必ず購入前に試着をオススメします。